トップページ






●その他自動車関係(日本車)

教員指導用装備付き。トヨタが教習用の専用モデルを発売

2018/02/05

| タクシーに続いて教習車も |

トヨタが「新型教習車」を発売。
どうやら車名はなく、「トヨタ教習車」というのが正式名称のようです。
エンジンは1.5リッター、FFでトランスミッションは5MTもしくはCVT。
ボディカラーはホワイト、ブラック、シルバー、ブロンズの4色で、教員指導用の装備も装着されているようですね。

トヨタからのプレスリリースはこちら

車両概要
教習生に配慮した設計
フロントピラーの形状を細くすることによって、ワイドで良好な運転視界を実現しました。また、位置感覚の目安となるセンターマークをインストルメントパネルの中央に配置するとともに、体格に合わせたドライビングポジションの設定を可能にすることで、正しい運転姿勢での安全教習に貢献します。

教習を快適かつ的確にサポート

指導員が教習生の運転を確認するための指導員用インジケーターランプ(サイドターン&ブレーキ)、後方視界を確保する指導員用ドアミラーなどを標準装備することで、教習車としての機能を向上させました。

安心機能を搭載

被視認性の高いLEDランプ付リヤコンビネーションランプやハイマウントストップランプを採用するとともに、急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅し後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを搭載することで、安全性の確保に寄与しています。

選べる外板色とアクセサリーアイテム

スーパーホワイトⅡ、シルバーメタリック、ブラックマイカ、アバンギャルドブロンズメタリックの全4色を設定。販売店装着オプションも多数用意しました。
プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-,