トップページ






●その他自動車関係(日本車)

レクサスが「F」10週年記念の特別なGS F/RC F発売。価格は標準モデルの1.5~1.7倍

2018/02/06

| 通常モデルに比べて価格が大幅アップ |

トヨタがレクサスの限定モデル「GS F“F 10th Anniversary”」「RC F“F 10th Anniversary”」を発売。
価格はGS F“F 10th Anniversary”で15,500,000万円、RC F“F 10th Anniversary”は17,000,000円。
通常のGS Fが11,120,000円、RC Fが9,824,000円なので大きく価格が上昇しているということになりますね。
なおレクサスというと「上品」、「F」は見かけが普通なのにハイパフォーマンスというのがウリですが、今回の限定モデルについてはかなりアグレッシブな外観であり、果たして完売できるのかという疑問も。

トヨタからのプレスリリースはこちら

LEXUSのスポーツイメージをけん引してきた“F”誕生10周年を記念した特別仕様車
新開発の陰影が際立つマットなグレーの外板色など、専用の内外装により、スポーティなイメージを強調
チタンマフラーやカーボン素材の特別装備により軽量化を実現し、パフォーマンスダンパーの採用で走行性能を向上

LEXUSは、“F”誕生10周年を記念したGS F・RC Fの特別仕様車“F 10th Anniversary”を設定し、2月1日から先着順で予約を受け付けます。5月に全国のレクサス店を通じて、それぞれGS F25台、RC F35台の台数限定で発売します。

LEXUSのハイパフォーマンスカテゴリーである“F”は2007年に「IS F」を発売して以降、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」を開発テーマとし、10年に渡りLEXUSのスポーツイメージをけん引してきました。

“F”誕生10周年を記念した“F 10th Anniversary”は、新たに開発した陰影の際立つ「マット マーキュリーグレーマイカ」を外板色に採用し、内装色は“F”のシンボルカラーであるヒートブルーをモチーフとするなど、個性を際立たせるとともに、スポーティなイメージを強調しています。また、専用チタンマフラーや、CFRP*1を用いた特別な外装部品により軽量化を実現するとともに、パフォーマンスダンパーを採用し、“F”の持ち味である走行性能を一層高めました。
プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, , , ,