トップページ






●その他自動車関係(欧州車)

ポルシェが356発売から70週年を祝うイベントを各国で開催。日本でも何かある?

2018/02/06

| ポルシェ356発売から70年 |

ポルシェが1948年に発売した「356」から数えて70週年を祝うイベントを開催。
ここでオリバー・ブルーメCEOは「伝統とはコミット」と語り、911がその価値を守りながら進化してきたこと、そして新しくミッションEを発売することで新しい時代へとポルシェが向かっていることをアピール。
そのほか、本国ドイツはじめ各国でのイベント開催についても触れており、日本でもなんらかの催しがあるかもしれませんね。

ポルシェによるプレスリリースはこちら

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、過去70年間、最高レベルでのスポーツカーの製造を体現してきました。高速、純粋、情熱。ポルシェの名を冠する最初のモデル、356“No.1”ロードスターは1948年6月8日に登録され、この日にポルシェ ブランドが誕生しました。タイプ356は、フェリー・ポルシェのスポーツカーの夢を現実へと変えました。昨日開催されたポルシェ ミュージアムでのニューイヤーレセプションの席上、ポルシェAGの取締役会会長オリバー・ブルーメは、「当時のフェリー・ポルシェのビジョンは、今なおこのブランドの特徴となっている価値観を全て備えていました」と述べました。バーデン=ヴュルテンベルク州とシュトゥットガルト市の代表者をはじめ、政界や経済界などの人々が列席し、「ポルシェスポーツカーの70年」というスローガンとともに、この記念すべき年のスタートを祝いました。

ブルーメは次のように述べました。「伝統とは、コミットメントです。伝統や基本的価値観抜きに、ポルシェが現在の地位を築くことはできなかったでしょう。私たちは、フェリー・ポルシェが設定した厳格な技術水準を今後も守り抜きます。インテリジェントでダイナミックなモビリティは前途有望です。このために、ポルシェにはしっかりとした技術的専門知識、創造力に富んだ従業員が在籍し、類を見ないチームスピリットを持っています。こうした要素により、ポルシェ ブランドは今後さらに70年間、人々を魅了し続けることができるでしょう」。
プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-, ,