トップページ






●その他自動車関係(日本車)

ホンダがNSXと同じ「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用する新型レジェンドを発表

| NSXと同じSPORT HYBRID SH-AWD採用 |

ホンダがマイナーチェンジを予告していた「レジェンド」を発表。
内外装を一新しハンドリング性能と乗り心地を一新した、としています。
エンジンはV6/3.5リッター、トランスミッションは7速DCT、駆動方式は4WD、価格は7,074,000円。

ホンダからのプレスリリースはこちら

Hondaは、世界初の3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD®(Super Handling-All Wheel Drive)」を搭載し、操る歓びを追求したフラッグシップモデル「LEGEND(レジェンド)」をマイナーモデルチェンジし、2月9日(金)に発売します。
今回のマイナーモデルチェンジでは、内外装デザインを一新。ハンドリング性能と上質な乗り心地をさらに磨き上げ、これまで以上にドライバーが「意のまま」と感じられるようなクルマとの一体感を実現しました。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)をHonda車として初搭載するなど、商品の魅力を向上させました。

●販売計画台数(国内・年間)
1,000台

●主な変更点
○アグレッシブな印象に磨き上げたエクステリアデザイン
・フロントグリルや前後バンパーを一新し、よりロー&ワイドで力強い印象を際立たせたほか、リアツインフィニッシャーの採用で、スポーティーな走りを予感させるデザインを採用。
・ヘッドライト、テールランプのデザインを先進性かつ存在感のある印象に仕上げました。

○上質感と快適性を追求したインテリアと装備
・シート形状を大幅に変更し、安心感のあるホールド性と快適性を両立。
・インストルメントパネルを中心にシルバー加飾を変更するとともに、内装のカラーバリエーションを追加し、さらなる上質な室内空間を実現。
・インテリジェント・パワー・ユニット(IPU)の小型化によりトランク容量を13L※2拡大したほか、パワートランク※3を採用し、使い勝手も向上させました。

○上質で安心かつ、より思い通りの感覚に近いドライビングフィールの実現
・ボディー、シャシー、制御など細部までチューニングを施し、ドライバーが「意のまま」と感じられるようなハンドリング性能と上質な乗り心地を磨き上げたことで、ドライバーズカーとしての価値をさらに高めました。
・ボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大することで剛性感を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングを変更。また、エンジンと3つのモーターで四輪の駆動力を自在に制御するSPORT HYBRID SH-AWDをさらに熟成させ、ハンドリング性能と上質な乗り心地を進化させました。

○「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能を追加
・先進の安全運転支援システムHonda SENSINGにトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)をHonda車として初搭載。高速道路などの渋滞時、0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするよう、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減します。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,