トップページ






●その他自動車関係(日本車)

日産のSUV販売が過去最高に。キックス、エクストレイルが好調

| SUVとクロスオーバーとの境界線は? |

日産が「SUV」と「クロスオーバー」の販売が好調、と発表。
これによると両者の販売は前年比12%となり過去最高レベルに。
とくに「キックス」は好調とのことで、もしかすると「日本導入」もあるかもしれませんね。

日産からのプレスリリースはこちら

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、2017年グローバル販売台数の内、クロスオーバーおよびSUVが前年比12%増の207万台となり、過去最高の販売となりました。これは新型コンパクトクロスオーバー「キックス」や「ローグ」、「エクストレイル」、「キャシュカイ」、大型SUVの新型「アルマーダ」、コンパクトラグジュアリークロスオーバーのインフィニティ「QX30」の好調な販売によるものです。地域別では、北米および中国で16%、中南米で94%、それぞれ増加しました。

「キックス」は、メキシコ、中南米、中国で初めて年間を通じて販売されたことで、グローバルでの販売台数が109千台となりました。「キックス」は今年、米国およびカナダで発売される予定で、日産のクロスオーバーの勢いをさらに加速させるでしょう。

日産の副社長ダニエレ スキラッチは、「2017年、日産のクロスオーバーおよびSUVのグローバル販売が伸びたことが、日産の成長に大きく貢献しました。日産のSUVおよびクロスオーバーの販売台数は昨年、23万台近く増加しました。2018年は、米国およびカナダでの『キックス』の発売、インフィニティのラグジュアリー中型クロスオーバーである新型『QX50』のグローバルでの発売、インドネシアでのダットサン『CROSS』の販売開始により、その勢いは加速する見込みです」と述べました。

プラットフォームを共有する「ローグ」、「エクストレイル」、「キャシュカイ」は、2017年、グローバルで前年比10%増の1,388千台を販売しました。これにより、このプラットフォームが最も販売台数の多い日産のプラットフォームとなりました。

また、米国で新型「アルマーダ」が発売され、中東で「パトロール」の好調な販売が続いていることで、このプラットフォームの販売はグローバルで79%増加し80千台となりました。これは、大型のフレーム型SUVは、未だに世界中のお客さまからの人気が高いことを証明しています。

インフィニティでは、2017年にコンパクトラグジュアリークロスオーバー「QX30」が年間を通じて販売された1年目となり、その販売台数は前年比97%増の32千台となりました。大型SUV「QX80」は、引き続き勢いを維持し、グローバルで21千台を販売しました。
3月には、インフィニティの中型クロスオーバー「QX50」が発売されます。新しいプラットフォームをベースに、素晴らしいインテリアとエクステリアデザインを持ち、業界初の可変圧縮比エンジン「VCターボ」と先進的な準自動運転機能を搭載した「QX50」は、世界で最も急速に成長するセグメントのモデルです。過去5年間で、プレミアム中型クロスオーバーセグメントは、中国では4倍、米国では2倍以上に成長しています。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, , ,