>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●その他自動車関係(日本車)

ミツオカがNDロードスターベースのクラシック風オープン新型「ヒミコ」発売。497万円から

投稿日:

| さらにロングノーズに |

光岡自動車がマツダ・ロードスター(ND)をベースとした新型「Himiko(ヒミコ)」を発表。
初代は平成20年誕生とのことで、今回の新型ヒミコは「2代目」。
前モデルに比較してフロントオーバーハングを140mm延長し、一方でリアオーバーハングを15mm切り詰めて「ロングノーズ、ショートデッキ」を強調。
価格は4,978,000円~5,983,200円まで。



ミツオカからのプレスリリースはこちら

この度、株式会社光岡自動車(代表取締役社長:光岡章夫 本社:富山県富山市)は、2シーター・オープン 『Himiko』 (ヒミコ)の
フルモデルチェンジを行い、平成 30 年 2 月 23 日(金)より全国一斉発売いたします。
『Himiko』 (ヒミコ)は、ロングノーズ&ショートデッキからなる美しいプロポーションで魅了する、クラシカル 2 シーター・オープンで
国内唯一のセグメントに位置付けられます。 平成 20 年 12 月の初代モデル誕生以来のコンセプトを継承しながらも、より洗練され
たデザインに生まれ変わりました。
大地を捉える力強さを表したフロントフェンダーは、クラシカルシルエットを醸し出します。 そこに沿うよう配置された LED イルミネ
ーションランプは、クラシカルシルエットにもモダンなデザインを潜ませます。 フロントフェンダーをブラックアウトで塗リ分けたキャラ
クターラインは整流と強度において高い機能性を持ちながら、1930 年代ビンテージカーのアーキテクチャを現代の解釈で再構築し
たデザインです。また、前モデルよりもホイールベースは短くし、オーバーハングを伸ばすことで、立体的、かつ、彫りの深い造形といたしました。
大型のラジエターグリルは、厚みのあるアウトラインと、細く上品な格子状対比によって高級感を演出します。
ひときわ低く絞り込まれたリアスタイルは、現代のクルマと決定的に異なります。 緊張感のあるショルダーとフェンダーのリフレク
ションは光と影が交錯する動きのある面構成です。 ビンテージカーに見られる外付けトランクを彷彿とさせるトランクボックスは、リ
アビューを引き締めながらも、クラシカルな楽しい旅路の雰囲気を演出いたします。 ルーフは手動の開閉式で、その軽さは片手で
も容易で、気軽なオープンエアーを楽しめます。 しなやか肢体を彷彿とさせるリアビューは、一目でヒミコと認識できるアイコニック
なデザインです。

前モデルよりもホイールベースを 120mm 短くして、フロントオーバーハングは 140mm 延長。 リアオーバーハングを 15mm 短縮。
全高は 20mm 低くして、全幅は 10mm 増。 これらボディバランスを整え、前後重量配分を大幅に見直した結果、48:52 という最適
な『体幹』を得たこのクルマは、よりロー&ワイドなスタイルを手に入れました。 また、グランドエフェクトを考慮し、フロントアンダー
カバーとフェンダーサイドパネル内部を翼断面形状としたことで、高速域でのダウンフォースを得てフェイスリフトを抑制し、飛躍的
に操縦安定性が向上いたしました。

ヒミコの楽しみは、何と言っても解放感に満ちたオープンエアー。 走リ出した瞬間、空と一体化した視界が広がり、風のにおいで
季節を感じる。 ロングホイールベースがもたらす高速安定性と、革新的に改善されたステアリング機構により、その走りはスポー
ティ、かつ、優美そのもの。 機能部品が小気味よく配置されたインテリアザインの中でも、8,000 回転まで刻まれた回転計と、
200km/h まで刻まれた車速計が、あなたの本能を駆り立てます。 シフトノブとパドルシフトは、まるで手足のごとくクイック&ダイレ
クトに反応し、シートは厳選された心地良い風合いのレザーで、しっかりと優しくあなたを包み込みます。 どこまでも走りたくなる、
解放を感じる瞬間がここにあります。

● 『Himiko』(ヒミコ)車輌概要
◇ 【 発 売 日 】 平成 30 年 2 月 23 日(金)
◇ 【 車輌寸法 】 全長 4,580mm、 全幅 1,740mm、 全高 1,235mm
◇ 【ボディカラー】 全 7 色 (エターナルブルーマイカ、アークティックホワイト、セラミックメタリック、ジェットブラックマイカ、
パッションレッドメタリック※1、マシーングレープレミアムメタリック※2、スノーフレイクホワイトパールマイカ)

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SUPERTOYZ

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●その他自動車関係(日本車)
-, , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.