トップページ






●その他自動車関係(日本車)

ミツオカがNDロードスターベースのクラシック風オープン新型「ヒミコ」発売。497万円から

| さらにロングノーズに |

光岡自動車がマツダ・ロードスター(ND)をベースとした新型「Himiko(ヒミコ)」を発表。
初代は平成20年誕生とのことで、今回の新型ヒミコは「2代目」。
前モデルに比較してフロントオーバーハングを140mm延長し、一方でリアオーバーハングを15mm切り詰めて「ロングノーズ、ショートデッキ」を強調。
価格は4,978,000円~5,983,200円まで。

ミツオカからのプレスリリースはこちら

この度、株式会社光岡自動車(代表取締役社長:光岡章夫 本社:富山県富山市)は、2シーター・オープン 『Himiko』 (ヒミコ)の
フルモデルチェンジを行い、平成 30 年 2 月 23 日(金)より全国一斉発売いたします。
『Himiko』 (ヒミコ)は、ロングノーズ&ショートデッキからなる美しいプロポーションで魅了する、クラシカル 2 シーター・オープンで
国内唯一のセグメントに位置付けられます。 平成 20 年 12 月の初代モデル誕生以来のコンセプトを継承しながらも、より洗練され
たデザインに生まれ変わりました。
大地を捉える力強さを表したフロントフェンダーは、クラシカルシルエットを醸し出します。 そこに沿うよう配置された LED イルミネ
ーションランプは、クラシカルシルエットにもモダンなデザインを潜ませます。 フロントフェンダーをブラックアウトで塗リ分けたキャラ
クターラインは整流と強度において高い機能性を持ちながら、1930 年代ビンテージカーのアーキテクチャを現代の解釈で再構築し
たデザインです。また、前モデルよりもホイールベースは短くし、オーバーハングを伸ばすことで、立体的、かつ、彫りの深い造形といたしました。
大型のラジエターグリルは、厚みのあるアウトラインと、細く上品な格子状対比によって高級感を演出します。
ひときわ低く絞り込まれたリアスタイルは、現代のクルマと決定的に異なります。 緊張感のあるショルダーとフェンダーのリフレク
ションは光と影が交錯する動きのある面構成です。 ビンテージカーに見られる外付けトランクを彷彿とさせるトランクボックスは、リ
アビューを引き締めながらも、クラシカルな楽しい旅路の雰囲気を演出いたします。 ルーフは手動の開閉式で、その軽さは片手で
も容易で、気軽なオープンエアーを楽しめます。 しなやか肢体を彷彿とさせるリアビューは、一目でヒミコと認識できるアイコニック
なデザインです。

前モデルよりもホイールベースを 120mm 短くして、フロントオーバーハングは 140mm 延長。 リアオーバーハングを 15mm 短縮。
全高は 20mm 低くして、全幅は 10mm 増。 これらボディバランスを整え、前後重量配分を大幅に見直した結果、48:52 という最適
な『体幹』を得たこのクルマは、よりロー&ワイドなスタイルを手に入れました。 また、グランドエフェクトを考慮し、フロントアンダー
カバーとフェンダーサイドパネル内部を翼断面形状としたことで、高速域でのダウンフォースを得てフェイスリフトを抑制し、飛躍的
に操縦安定性が向上いたしました。

ヒミコの楽しみは、何と言っても解放感に満ちたオープンエアー。 走リ出した瞬間、空と一体化した視界が広がり、風のにおいで
季節を感じる。 ロングホイールベースがもたらす高速安定性と、革新的に改善されたステアリング機構により、その走りはスポー
ティ、かつ、優美そのもの。 機能部品が小気味よく配置されたインテリアザインの中でも、8,000 回転まで刻まれた回転計と、
200km/h まで刻まれた車速計が、あなたの本能を駆り立てます。 シフトノブとパドルシフトは、まるで手足のごとくクイック&ダイレ
クトに反応し、シートは厳選された心地良い風合いのレザーで、しっかりと優しくあなたを包み込みます。 どこまでも走りたくなる、
解放を感じる瞬間がここにあります。

● 『Himiko』(ヒミコ)車輌概要
◇ 【 発 売 日 】 平成 30 年 2 月 23 日(金)
◇ 【 車輌寸法 】 全長 4,580mm、 全幅 1,740mm、 全高 1,235mm
◇ 【ボディカラー】 全 7 色 (エターナルブルーマイカ、アークティックホワイト、セラミックメタリック、ジェットブラックマイカ、
パッションレッドメタリック※1、マシーングレープレミアムメタリック※2、スノーフレイクホワイトパールマイカ)

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, , ,