トップページ






●その他自動車関係(欧州車)

BMW i8ロードスターが東京マラソンの先導車として登場

| BMW i8ロードスターの実車が早々に公開 |

BMWジャパンが東京マラソン2018に「BMW i8ロードスター」を先導車として導入する、と発表。
BMW i8ロードスターは先日オンライン上で発表されたばかりですが、かなり早いタイミングでの実車投入、ということに。
BMW i8ロードスターの専用サイトはこちら
BWMによる東京マラソン2018特設サイトはこちら

BMWからのプレスリリースはこちら

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、本年2月25日(日)開催の東京マラソン2018に、新型BMW i8ロードスターを先導車として提供し、日本初披露を行なう予定である。

BMWは今年で8年目となる東京マラソンへの協賛を記念し、持続可能な次世代モビリティを提唱するBMWのサブ・ブランド「BMW i」のプラグイン・ハイブリッド・スポーツ・カーである新型BMW i8ロードスターを先導車として提供する予定である。サステイナビリティとスポーツを同時に象徴する本モデルを、日本で初披露すると共に先導車として提供することで、東京マラソン参加者の特別な体験をサポートする。

さらに、大会車両として、新型BMW i3など豊富なラインアップからなる26台のBMW車両や、ペース・メーカー用バイクに、BMW Motorrad(モトラッド)が誇る電動バイクC evolutionを提供する。大会当日の医療救護体制のため、46台のBMWクルーズ・バイク(自転車)を提供し救命救急士がAEDを背負い自転車でコース上を巡回監視するモバイル隊用の移動手段として、緊急事態に備えたサポートを行なう。

また、この東京マラソン2018の開催と同時に、新型BMW i8ロードスターの情報が随時アップデートされるメルマガに登録可能なウェブサイトもオープンする。

東京マラソンEXPO 2018に出展
東京マラソン2018開催前となる2月22日(木)から24日(土)まで、東京ビッグサイトで実施の東京マラソンEXPO 2018 にBMWブースを出展する。BMWブースでは、本年1月発表の新型BMW i3をはじめ、電動バイクBMW C evolution、BMWクルーズ・バイクを展示する。さらに昨年好評であった、足を利用してBMWのスロット・カーを走らせるサステイナブルなアクティビティも、用意する。その他ブースでは抽選でプレゼントを提供するアクティビティを実施。
スペシャル・サイトがオープン
東京マラソン2018のオフィシャル・モビリティ・パートナーであるBMWが、本年1月に発表した新型BMW i3の紹介を行なっている。新型BMW i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として2014年4月に販売を開始し、「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」というコンセプトのもと、革新的な手法を様々採用している。量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化に挑戦すると同時に、大容量バッテリーを搭載することで航続距離390kmを実現し、都市型のモビリティとして、必要十分な性能を備えたモデルになっている。また、647ccの発電用エンジンを搭載したレンジ・エクステンダー装備車は、走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が更に121km*延長され、合計で511km*の走行が可能である。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-, , ,