トップページ






●その他自動車関係(欧州車)

ミニが全身ブラックの限定モデル「ブラックヒース」をクロスオーバーに設定

| BMWに続き、ミニもブラック |

ミニが全身をブラックでまとめた限定モデル、「MINIクロスオーバー・ブラックヒース」を発売。
BMWはXシリーズに「ブラックファイア」なる真っ黒のモデルをやはり限定にて発売していましたが、今回のミニも同じ手法だと言えそうです。
ブラックヒース(BLACKHEATH)はロンドンにあるとおりの名称とのことで、限定台数は250台、価格は4,800,000円。

ミニからのプレスリリースはこちら

スポーティさを極限まで高めた限定モデルMINIクロスオーバー・ブラックヒースを導入
スポーティな走りを楽しめる2輪駆動ガソリン・エンジンのMINI Cooper S Crossoverを日本初導入。
“スタイリッシュ・スポーツSAV”をコンセプトに、エクステリアおよびインテリアをブラックでまとめながらも、フォーマル過ぎないアスレチックなイメージを表現。
スポーティさと洗練さを兼ね備えた専用ボンネット・ストライプを採用し、他にはない存在感を強調。
ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、MINI初となるプレミアム・コンパクト・セグメントSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)であるMINIクロスオーバーのアスレチックかつ都会的なイメージを強調した限定モデル「MINI Cooper S Crossover Blackheath(クーパー・エス・クロスオーバー・ブラックヒース)」を、本日より、全国のMINI正規ディーラーにおいて250台限定で、販売を開始する。

MINI Cooper S Crossover Blackheathは、MINIクロスオーバーのアスレチックかつ都会的なイメージを強調した限定モデルである。日本初導入となる最高出力141kW(192PS)/5,000-6,000rpm、最大トルク280Nm/1,350-4,600rpmを発揮する2.0リッター4気筒MINIツインパワー・ターボ・エンジン(ガソリン)を搭載する。8速オートマチック・トランスミッションとの組み合わせにより、より一層のスポーツ・ドライビングを実現する。

エクステリア・デザインは、キー・カラーであるブラックで全体をまとめ、シックでスポーティな装いとしている。John Cooper Works専用装備であるブラック・ルーフレールとサイド・シル・フィニッシャー、ヘッドライトおよびリア・ライト周りにはブラックのリングを装備し、スタイリッシュかつパワフルなエクステリアを演出している。さらに、MINI Cooper S CrossoverBlackheath専用デザインのブラック・ボンネット・ストライプは、純正オプションとは異なるブラッシュド・アルミ調のデザインと質感で製作され、メタリックのボディ・カラーとの繊細なコントラストが高級感、存在感のある装いを演出している。また、MINI Cooper S CrossoverBlackheathの限定車名を入れたオリジナル・ステッカーをリア・ガラスにあしらい、後方からの存在感も高めている。

インテリア・デザインは、John Cooper Works専用装備であるブラックのヘッドライナーを特別装備している。シートやインテリア・サーフェス等もすべてブラックでまとめ、スポーティなコックピットを演出している。

スポーティな走行性能や高いデザイン性に留まることなく、安全装備も充実している。革新的な運転支援システムとなるアクティブ・クルーズ・コントロール、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準で装備している。また、新開発のタッチ・パネル機能が付いたナビゲーション・システムは、手元のMINIコントローラーでの操作も可能である。アラーム・システム、リアビュー・カメラ、パーキング・ディスタンス・コントロール(リア)、LEDデイライト・リング、アダプティブLEDヘッドライト、LEDフォグランプなども特別装備され、安全性を高めている。

BLACKHEATHについて
ロンドンの南東にあるブラック・ヒース・アベニューは、グリニッチパークを横断する通りであり、ロンドン・マラソンのスタート地点としても有名な通りである。カイト・フライヤーやウィンド・スケート・ボーディングなど、スポーツを愛する市民から愛されている。Heathには「荒野」との意味があり、その言葉が持つ壮大さ、さらに、スポーティなイメージを助長させるため、今回、MINI Crossover Blackheathと命名した。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-, , ,