トップページ






●その他自動車関係(日本車)

トヨタが2018年1月の生産・販売状況を公開。1月単月としては過去最高に

| トヨタの国内販売は前年割れ、レクサスは大幅増加 |

トヨタが2018年1月の生産状況を発表。
これによると国内だとトヨタは前年比957.%、レクサスは159.7%。
ダイハツは10ヶ月連続で前年比を上回るなど販売が好調のようですね。
加えて海外生産、輸出ともに好調で、「1月」としては過去最高であった、とのこと。

トヨタからのプレスリリースはこちら

国内生産
トヨタは、25.3万台(前年同月比101.1%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。ダイハツは、7.4万台(前年同月比107.5%)と、21ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

日野は、11.4千台(前年同月比103.1%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

合計は、33.8万台(前年同月比102.5%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

国内販売
トヨタは、11.3万台(前年同月比95.7%)と、前年同月実績を下回りました。
そのうち、レクサスブランド車の販売は、6,448台(前年同月比159.7%)、
軽自動車の販売は、2,384台(前年同月比108.4%)となりました。
除軽市場におけるシェアは、45.5%(前年同月差+0.5ポイント)となりました。
なお、含軽市場におけるシェアは、28.3%(前年同月差-1.1ポイント)となりました。

ダイハツは、5.35万台(前年同月比111.1%)と、10ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。
そのうち、軽自動車の販売は5.14万台(前年同月比109.4%)と、3ヶ月振りに前年同月実績を上回りました。
軽市場におけるシェアは、33.0%(前年同月差+0.3ポイント)となりました。

日野は、4.6千台(前年同月比105.0%)と、3ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。
そのうち、普通トラックの販売は、2.2千台(前年同月比97.9%)と、前年同月実績を下回りました。
普通トラック市場※におけるシェアは、39.6%(前年同月差-0.3ポイント)となりました。

※最大積載量4t以上のトラック(輸入車を除く)

合計は、17.1万台(前年同月比100.3%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。
また、含軽市場におけるシェアは、42.9%(前年同月差+0.3ポイント)となりました。

輸出
トヨタは、北米・中南米・欧州・アジア・中近東・アフリカに向けた輸出が増加し、13.8万台(前年同月比113.3%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

ダイハツは、2017年5月より輸出が0台となっています。

日野は、中南米・欧州・アジア・オセアニア・中近東に向けた輸出が減少し、5.2千台(前年同月比96.6%)と、7ヶ月振りに前年同月実績を下回りました。

合計は、14.3万台(前年同月比112.6%)と、6ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

海外生産
トヨタは、アジア・アフリカで増加し、48.4万台(前年同月比101.8%)と、3ヶ月振りに前年同月実績を上回るとともに、1月としては過去最高となりました。

ダイハツは、インドネシアで増加し、3.5万台(前年同月比108.4%)と、6ヶ月振りに前年同月実績を上回りました。

日野は、アジアで増加し、3.5千台(前年同月比114.8%)と、7ヶ月連続で前年同月実績を上回りました。

合計は、52.2万台(前年同月比102.3%)と、3ヶ月振りに前年同月実績を上回るとともに、1月としては過去最高となりました。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-,