トップページ






●その他自動車関係(欧州車)

フォルクスワーゲンが2017年の最終業績、2018年の展望を公開。2018年は5%の成長予想

2018/02/28

| 2017年のフォルクスワーゲンは台数、全ての指標において記録づくめ |

フォルクスワーゲンが2017年の業績並びに2018年の展望を公開。
2017年はグループの掲げる「TOGETHER – Strategy 2025」が奏功し過去最高の利益を生み出した、とのこと。
加えて全ての財務指標が改善し、販売台数においても1070万台という記録を打ち立てるなど、「記録づくし」の年であった模様。
2018年は世界経済の成長が鈍化するとしながらも、売上高で5%、営業利益で7%ほど伸びると予想しているようですね。

フォルクスワーゲンからのプレスリリースはこちら

フォルクスワーゲン グループ、体系的な戦略の実施が成果を上げ、2017年に過去最高益を達成

• 2017年のグループ売上高は、前年比で大幅増となる2,307億ユーロ
• 販売台数は1,070万台の新記録を達成
• 特別項目計上前営業利益は、24億ユーロ増加して170億ユーロ
• 提案予定の配当金:前年比ほぼ2倍となる1株あたり普通株3.90ユーロ、優先株3.96ユーロ
• 自動車部門の純流動性資金は224億ユーロで、依然として堅調なレベルを維持
• CEOマティアス ミュラー:「私たちの未来の計画である“TOGETHER – Strategy 2025”が効果を上げ、具体的な成果となって現れている」

フォルクスワーゲン グループは、2017年を好調な業績で締めくくり、前年度よりも大幅に売上高を伸ばしました。グループはまた、困難な状況の中で、主要な財務指標のほとんどすべてを改善しました。特に、新記録となった1,070万台の販売台数により、グループの売上高は前年比6.2%増となる2,307億ユーロに達しました。
営業利益は、ディーゼル問題に起因する特別項目による影響はあったものの、前年比67億ユーロ増加して138億ユーロとなりました。フォルクスワーゲン グループは、2018年度も、昨年の販売記録を多少上回る台数を予想しています。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-, ,