>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/18

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

2018/9/3

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで | さて上海へ。 出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。 利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。 大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。 こちらもオススメ、関連投稿 上海でリニアモーターカーに乗ってみる。時速300キロオーバー 中国・上海を訪問。まずは空港到着から市内まで地下鉄で移動 上海市内から空港へ。空港内プレミアムラウンジを利用してみる 中国 ...

ReadMore

●その他自動車関係(欧州車)

アウディが新型A6発表。マイルドハイブリッド搭載、自動駐車・退出も可能に

更新日:

| 対話可能な、ボイスコントロールによるガイド機能も |

Static photo
Colour: typhoon gray

アウディが新型A6を発表。
コネクティビティを強化し、ドライバーアシスタンスを充実させ、マイルドハイブリッドも搭載。
さらにはデザイン性や居住性など、あらゆる咆哮を強化したアウディ渾身の一台となっています。
とくにMMIは今回のモデルチェンジにおける「キモ」で、ボイスコントロールに加え「対話」が可能とのこと。



アウディからのプレスリリースはこちら

アウディは、大きな成功を収めたアッパーミドルセダン8代目となる新型Audi A6を発表し、このセグメントに数多くの革新的な機能を導入します。エレガントな造形を特徴とするAudi A6は、デジタル化、快適性、スポーツ性の面で多彩な装備を誇るラグジュアリークラスのニューモデルです。フルデジタルのMMIタッチレスポンス操作システムは、直感的な操作が可能です。広範囲なコネクティビティ及びアシスタンスシステムによって、インテリジェントなネットワーク化が実現しています。インテリアは、体系的なデジタル化に適合しており、このセグメントにおける革新性を体現しています。サスペンションは、スムーズな乗り心地とスポーツ性が強化された高い安定性を両立させています。すべてのエンジンにはマイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジーのシステムが標準で搭載され、機能性と効率が高まっています。

MMIタッチレスポンス操作システム:直感的な操作とカスタマイズが可能
新型Audi A6のMMIタッチレスポンス操作システムは、直感的な操作とパーソナライゼーションにおいて新たな基準を設定します。広範囲でインテリジェントなパーソナライゼーションオプションにより、このニューモデルはドライバーの好みを反映します。フルデジタルの操作システムには、お気に入りボタンが設置され、乗員の好みの設定を簡単かつ素早く呼び出すことができます。最大7人のドライバーが、最大400ものパラメーターを設定して、自分のユーザープロファイルをクルマに記憶させることが可能です。

新型Audi A6は、日常会話に対応したボイスコントロールにより、対話が可能なインテリジェントなパートナーやトラベルガイドとなります。ドライバーが発した質問またはコマンドを処理する方法は2種類あります。ひとつは車両に蓄積されたデータを利用するもので、もうひとつはMMIナビゲーションプラスとの組み合わせにより、クラウドの詳細なデータを活用します。

触覚及び音響によるフィードバックを備えたMMIタッチレスポンス操作システムは、直感的な操作を提供します。タッチパネルに指が触れて機能が作動すると、ユーザーは確認のためのクリックを耳で聞いて指で感じることができます。上部のディスプレイはインフォテインメントシステム用で、下部のディスプレイは空調コントロール、テキスト入力やコンビニエンス機能の操作に使用します。

MMIナビゲーションプラス及びAudi connect(アウディコネクト):アッパーミドルセダンに、より高い利便性を提供
新型Audi A6は、優れた安全性、利便性、パーソナライゼーションを実現するために、広範囲なコネクティビティを提供します。MMIナビゲーションが標準装備。MMIナビゲーションプラスはオプション設定となります。最上位のデータ転送モジュールは、新しいLTE-Advanced(LTEアドバンスト)に対応しています。

さらに、MMIナビゲーションプラスは、新しいナビゲーション機能を提供します。これらの新機能には、過去に走行したルートに基づく自己学習機能が含まれます。この機能では、目的地に対するインテリジェントな提案も行われます。ルートガイダンスは、サービスプロバイダーのHEREが運用するサーバーを経由して、オンラインで提供されます。ここでは、走行する全地域における交通状況も考慮されます。Audi connectオンラインサービスは、道路標識やハザード情報といったcar-to-Xサービスも提供します。この機能は、アウディフリートから得られたスウォームインテリジェンス(群知能)を活用して、Audi A6と周囲環境をネットワークで接続します。

ドライバーアシスタンスシステム
より快適、平穏で安全なドライブを実現するため、機能が洗練され新しくなったドライバーアシスタンスシステムを備えた新型Audi A6は、ラグジュアリークラスに新たな基準を設定します。これらのシステムには、パーキングスペースへの駐車及び退出操作を自動的に行う、パーキングパイロットとガレージパイロットが含まれます。年内には、これらの機能の装着が開始される予定です。ドライバーはクルマから降りた状態で、スマートフォンのmyAudiアプリを介して機能をスタートさせ、駐車プロセスを監視することができます。Audi A6には3種類のアシスタンスシステムのパッケージが用意されており、パーキングパイロットとガレージパイロットは、パークアシストと呼ばれるパッケージに組み込まれています。シティアシストパッケージには、新しい交差点アシストといった機能が含まれています。ツアーシステムパッケージには、走行車線を維持するためにステアリングに穏やかに介入することによってアダプティブクルーズコントロールを補助するアダプティブクルーズアシスト、経済的な運転スタイルを促進するエフィシエンシーアシストが含まれます。

マイルドハイブリッド(MHEV)テクノロジー:すべてのエンジンを電動化
Audi A6に搭載される全エンジンには、アウディの新しいMHEVテクノロジーが組み込まれています。このシステムは、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)とリチウムイオン電池から構成されています。Audi A6は、55~160km/hの間で、コースティング(惰性走行)を行うことができます。スタート/ストップ機能は、22km/h以下で作動し、エンジンは停止状態から発進を予期すると自動的に始動します。減速時には、BASが最大12kWのエネルギーを回生します。MHEVテクノロジーにより、実際の走行条件で100km走行あたり最大0.7ℓの燃料消費が削減されます。

室内寸法:アッパーミドルセダンに、より広いレッグルームを確保
新型Audi A6の室内には、リラックスできる雰囲気も追加されています。この要素に貢献しているのが先進的なエアロダイナミクスです。0.24の空気抵抗係数(後日追加されるエンジンと組み合わせた場合)と洗練された音響性能により、このニューモデルは、たとえ高速で走行していても心地よく静かな室内を実現しています。

新型Audi A6の室内は、先代モデルよりも拡大されています。リヤシートのレッグルームは、先代モデルや主要な競合車を凌ぐ広さを確保しています。フロント及びリヤシートのヘッドルーム及びショルダールームも、先代モデルより広くなっています。トランクリッドは、足でキックする動作を行うことにより、電動で開くことが可能です。

サスペンション:スポーツカーのように俊敏で、コンパクトモデルのように小回りが可能
新型Audi A6は、先代モデルよりもさらにスポーティなハンドリングを備えています。これは特に、革新的なサスペンションによるものです。標準でもスポーティなプログレッシブステアリングの設定は、ステアリングを切るにつれてさらにダイレクトなレシオに変化します。新しいダンピングコンセプトは、路面からの明確で繊細なフィードバックをドライバーに伝達します。新型Audi A6は、市街地では容易な取り回しを、ワインディングロードでは俊敏な走りを、高速道路では優れた快適性を提供します。ダイナミック オールステアリングホイール(4輪操舵)は、この俊敏で容易な取り回しを実現するためのキーコンポーネントです。このシステムは、ダイレクトなフィール、スポーティなステアリングレスポンス、そして優れた安定性のすべてを備えています。

ドライブトレイン
新型Audi A6は、ヨーロッパ市場への導入時に、パワフルでスムーズな2種類のエンジン(TFSIとTDI)を搭載します。ガソリンユニットは、3.0 TFSIです(複合モードにおける燃料消費量:7.1~6.7ℓ/100km、複合モードにおけるCO2排出量:161~151g/km)。このターボチャージャー付きV6エンジンの最高出力は250kW(340hp)、最大トルクは500Nmです。このエンジンを搭載したAudi A6の0~100km/h加速は5.1秒、最高速度は250km/h(電子リミッター作動)です。210kW(286hp)の最高出力を発生する3.0 TDI(複合モードにおける燃料消費量:5.8~5.5ℓ/100km、複合モードにおけるCO2排出量:150~142g/km)も、同等のパフォーマンスを発揮します。最大トルクは620Nmに達します。

エクステリアデザイン:テクニカルでエレガント
Audi A8及びAudi A7 Sportbackと同様、Audi A6も新しいアウディのデザイン言語を体現しています。張り詰めたボディ表面、シャープなエッジ、そして印象的なライン。このアッパーミドルセダンは、スポーティでエレガント、ハイテクで洗練されたこのクルマのキャラクターを明確に表現しています。エクステリアのハイライトは、長いボンネットとロングホイールベース、短いオーバーハングがもたらす、非常にバランスの取れたプロポーションです。低くワイドなシングルフレームグリル、フラットなヘッドライト、パワフルな造形のエアインレットが、スポーティな雰囲気を演出しています。サイドビューでは、3本の印象的なラインが、車高を実際よりも低く見せる効果を生み出しています。ホイール上のパワフルな膨らみは、このクルマがアウディ quattroの遺伝子を受け継ぐクルマであることを示しています。

ライティングデザイン:生命を吹き込むテクノロジー
ライティングデザインは、Audi A6の技術的な特徴を強調しています。ヘッドライトには、3種類のバージョンが用意されています。最上位バージョンであるHDマトリクスLEDヘッドライトでは、5本の水平ラインがデイタイムランニングライトのシグネチャーを形成し、フロントエンドの幅広さを強調しています。その上部には、瞳のように見えるロービームモジュールが組み込まれています。オプションのテールライトのライティングシグネチャ-は、1本の水平ラインと9つに分割された垂直セグメントから構成され、各セグメント間にはブレーキライトが設置されています。最上位バージョンには、ダイナミックインジケーターが装備されます。ドアを開錠または施錠すると、カミングホーム及びリービングホーム機能によってライトが脈動するように点滅し、アウディの特徴であるデザインとテクノロジーに生命を吹き込みます。インテリアには、アンビエントライト及びコンツァーアンビエントライトの2種類のライティングパッケージが設定されています。両パッケージともに、室内のスペースや素材を、控えめかつエレガントに浮かび上がらせます。

インテリア:未来的なデザイン
ブラックパネルデザインを採用した新型Audi A6のインテリアは、アッパーミドルセダンのテクニカルでデジタル化された雰囲気を巧みに演出しています。流れるような造形のインストルメントパネルと、左右に連続した水平のラインが、広々とした感覚を生み出しています。新型Audi A6のセンターコンソールは、ドライバーに向けて角度が付けられ、そこにMMIタッチレスポンスのディスプレイが設置されています。ブラックパネルにアルミニウムのトリムを用いたこのディスプレイは、イグニッションをOFFにすると、まるでディスプレイが存在しないかのように見えます。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.