トップページ






●その他自動車関係(日本車)

マツダCX-8にリコール。インフォーメーションディスプレイへの情報表示に不具合

| マツダCX-8にリコール |

マツダがCX-8にリコールを発表。
今回はクルマの本質的な動力に関わる部分ではなく、インフォテイメント・ディスプレイ関連ですが、統計的にマツダではこういったマイナーなトラブルが多いようですね。
なお問題発生の報告は18件、これによる事故はゼロ。
対r証となる形式は3DA-KG2P、製造期間はH29/10/9~H29/12/15、対象台数は996台。

リコールの内容はこちら

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因

コンビネーション・メータにおいて、通信用プログラムが不適切なため、通信信号が送受信できなくなり、マルチ・インフォメーション・ディスプレイにアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート等のシステム異常が表示され、当該装置が機能しないことがある。また、カメラの画像表示に切り替える操作をした場合でも、センター・ディスプレイにカメラの画像が表示されないため、車両の直前および直左等、周囲の状況が確認できず保安基準に適合しないおそれがある。

改善措置の内容

全車両、コンビネーション・メータの通信用プログラムを対策プログラムに書き換
える。

国土交通省へ届出の内容はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,