トップページ






●その他自動車関係(日本車)

トヨタが「カローラ・ハッチバック」公開。全幅拡大にて、ついに「3ナンバー」へ

| 全長は1700ミリを超えて3ナンバーサイズに |

トヨタが新型カローラ・ハッチバックを公開。
これは「スポーティでたくましいエクステリアとシンプルで上質感のあるインテリア」「優れた基本性能と新開発パワートレーンによる「Fun to Drive」の実現」「最新の予防安全システムと先進マルチメディア&コネクティッド機能」を持つことが特徴。
グリルは大きな台形となっており、カムリにも通じるデザインですね。

トヨタからのプレスリリースはこちら

TOYOTAは、3月30日から4月8日まで開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラハッチバック」(米国車名・米国仕様)を初披露します。米国では「カローラiM」の後継モデルとして、2018年夏に「カローラハッチバック」として発売します。なお日本では、2018年初夏からトヨタカローラ店を通じ、販売を開始する予定です。

カローラは、1966年の日本での発売以降、50年以上にわたり進化を続け、世界で累計4,500万台以上を販売した「グローバルベストセラーカー」となりました。現在も、トヨタの世界戦略車として、セダン・ハッチバック・ワゴンの各車型あわせて、グローバルで年間120万台以上を販売しています。

新型カローラハッチバックのエクステリアでは、スポーティさに磨きをかけるとともに、たくましさ・力強さを付与し、インテリアでは、シンプルかつ上質なデザインの実現に取り組みました。走行性能については、トヨタが進めるクルマづくりの構造改革「Toyota New Global Architecture」(TNGA)のもとで開発したプラットフォームや新型パワートレーン(2.0L Dynamic Force Engine、Direct Shift-CVT、6速MT)により、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上させています。

プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,