トップページ






●その他自動車関係(日本車)

レクサスがLCにモルフォ蝶の羽をモチーフにした特別仕様車「ストラクチュアル・ブルー」追加

| 内外装ともに特別感の強い仕様に |

レクサスがLCに特別仕様車“Structural Blue”を設定。
これは南米に生息するモルフォ蝶の翅に着想を得た特殊ペイントを採用するもので、鮮やかな色合い、強い輝き、深みのある陰影を実現した、とのこと。
なお内装色にも専用色となる「ブルーモーメント」を設定し、そしてブリージーブルーも選択可能。
価格はレクサスLC500が1475万円、レクサスLC500hで1525万円。

レクサスからのプレスリリースはこちら

LEXUSは、2018年3月末時点で国内における累計販売台数が50万台を達成したことを発表しました。2005年に国内でのLEXUS販売を開始して以来、現在では11車種を展開。2017年には、フラッグシップクーペ「LC」の発売や、フラッグシップセダン「LS」のフルモデルチェンジなど、新世代LEXUSとしての変革を進めてきました。今後もお客様に驚きと感動を提供するラグジュアリーライフスタイルブランドとしての取り組みを続けていきます。

この度、国内累計販売台数50万台達成を記念し、LCに特別仕様車“Structural Blue”を設定。全国のレクサス店を通じて4月5日に発売しました。

LCは、ライフスタイルブランドとしての進化を目指す新世代LEXUSの象徴としてデビューしたフラッグシップクーペです。GA-Lプラットフォームや、マルチステージハイブリッドシステム、Direct Shift-10ATなど、最先端技術の採用に加え、徹底的な作り込みによって、独創的なデザインや、すっきりと奥深い走りを実現し、多くのお客様から好評を博してきました。

特別仕様車“Structural Blue”は、LC500h/LC500 “L package”をベースに、自然界に存在する美しい色からインスピレーションを受け、LEXUSの独自の技術により開発した外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定。ラグジュアリークーペとしての魅力的なデザインを一層引き立たせ、奥深い世界観を表現しています。

ストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したLEXUS独自のボディカラーです。モルフォ蝶の羽は無色ですが、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっているため、人間の目には青く輝いて見えます。LEXUSは、15年の開発期間を経て、この原理を再現した自動車用の構造発色性顔料を生み出しました。光の反射により、圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせます。
プレスリリース全文はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(日本車)
-, ,