トップページ






●その他自動車関係(欧州車)

こんなにも事故が起きていた。最近のランボルギーニのクラッシュ(ワールドワイド)

| やっぱりスーパーカーは危険な乗り物? |

世界中で頻発するスーパーカーのクラッシュ。
スーパーカーの事故というと「中国」が有名ですが、欧州や米国でもかなりの事故があるようで、ここで最近の「ランボルギーニのクラッシュ」をまとめてみたいと思います。

ランボルギーニは「速度リミッターのない」車ですが、そのぶん運転者が注意しなくてはならないことがたくさんあり、それはたとえばタイヤの温度や路面状態など。
いとも簡単に「滑ったり」「姿勢を乱す」ことがあって、実際に運転していても改めて「自分は危険な乗り物に乗っている」ということを思い知らされることもあります。

台数が多いぶん、ウラカンの事故が多い

まずはランボルギーニ・ウラカン。
これは積車に乗せて運ぶ途中に、上のトレーが車ごと「落ちた」ようですね。

lamborghini-huracan

こちらはサルベージヤードにて。
みごとに運転席がつぶれている状態で、なぜこういった事態となったのかは謎。

lamborghini-huracan

イタリアにて、燃えてしまったガヤルド。
路上に駐車しているところ炎上したとのことですが、燃え方を見るに「燃料系」のトラブルかもしれません。

lamborghini-gallardo-italy

日本のヒストリックカーイベントにて、珍しいカウンタックのクラッシュ。

lamborghini-countach

ニューヨークにて、ムルシエラゴ・ロードスターが消火栓に激突し、周囲が洪水状態に。

lamborghini-murcielago-ny

マイアミにて、ムルシエラゴのクラッシュ。
まだ程度は軽いほうですね。

lamborghini-murcielago-miami

UAEにて、積車に積まれるウラカン。
高速道路上で「追突」されたのかもしれません。

lamborghini-huracan-uae

こちらはメキシコにてクラッシュしてしまったウラカン。
フロントを大きく破損しています。

lamborghini-huracan-mexico

こちらはドイツにて。
おそらくはスピードの出しすぎだと思われますが、後輪駆動モデルだけではなく4WDモデルでもけっこう事故が多く、過信は禁物だと言えそうですね。

lamborghini-huracan-de

VIA:Wreckedexotics

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他自動車関係(欧州車)
-, , , ,