トップページ






>中国

関空から上海へ。厳しくなった入国審査、そしてリニアモーターカーに乗って市内へ向かう

| 上海へ行ってきた。関空からリニアモーターカーまで |

さて上海へ。
出発地は関西国際空港、目的地は上海浦東国際空港となります。
利用する航空会社は中国東方航空で、所要時間は1時間40分くらい。
大阪から東京へ行くよりも、関空から上海へ行く方がずいぶん近いというのはちょっと不思議な感覚ですね。

登場はバスに乗って

こちらはまだ関空。
航空機が小さいせいか、ゲートからバスに乗って空港内に駐機してあるところまで行って登場することに。

DSC07901

そして機上の人へ。

DSC07902

機内食はこんな感じ。
朝の便ですが、ガッツリ朝から焼きそばと唐揚げ。
そして「最中」がでてきたのは今回初めて。

DSC07906

上海浦東国際空港へと到着。

DSC07908

やはり路上で飛行機を降り、バスに乗り換えて空港内へ。

DSC07910

今回新しく導入されているのが「指紋採取マシーン」。
入国審査前に両手の指全ての指紋をこの機械で登録する必要があります。

IMG_3093

指紋を登録したらこんな紙が出てくるので、それを持って入国審査へ。

IMG_3094

無事に入国審査を抜けてリニアモーターカー(MAGLEV/マグレブ=上海磁浮示范运营线)に乗って上海市内へ。
市内へ向かうにはこのマグレブ、タクシー、地下鉄、バスといった手段がありますが、このマグレブが一番便利だと思います。

ただし市内までは乗り入れておらず、途中の龍陽路という駅(終点)で降りて地下鉄等に乗り換える必要があるので要注意。
このリニアモーターカーはドイツが「危なくて実用化できない」とした技術を中国が買い上げたとかナントカ聞きますが、実際は不明。
そして上海市内まで乗り入れていないのも「(密集した市街地で)事故が起きたら大惨事になるから」だとぼくは考えています。

IMG_3098

車内はこんな感じ。

DSC07911

各車両の上にはこういった電光掲示板があり、現在の速度を表示。
天候が良ければ時速420キロくらい出るときもありますが、雨が降っていると時速300キロくらいに制限されるようですね。

IMG_3096

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国
-, , ,