>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>中国

中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、1926年建設の「金門大酒店」

2018/5/23

| 上海の常宿、金門大酒店はこんな感じ | さて、上海に来るといつも利用するホテル、「ジン ジャン パシフィック ホテル上海/上海金門大酒店/Jin Jiang Pacific Hotel Shanghai」。 ほかにもいくつか高級ホテルも含めて泊まったことがあるものの、ここが一番落ち着くと考えています(理由はわからない)。 場所は人民広場前、地下鉄駅「人民広場」徒歩数分、繁華街の南京東路、南京西路にも歩いて行けるという立地で至極便利。 こちらもオススメ、関連投稿 中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には ...

ReadMore

>他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載6】東京に100台近いランボルギーニが集結。「ランボルギーニ・デイ」に参加してきた!

更新日:

東京に100台近いランボルギーニが集結。「ランボルギーニ・デイ」に参加してきた!

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。
こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。

ランボルギーニ・オーナーのはしくれとして「ランボルギーニ・デイ」に参加してきた。

「ランボルギーニ・デイ」とは、文字通りその一日がランボルギーニで埋め尽くされた祭典だ。
日中はメディア向けのイベントやランボルギーニ・オーナーによるパレードランが行われ、クラシックランボルギーニの美しさを競うコンクール・デレガンスも開催された。

夕方からはオーナーを前にして、ランボルギーニ社CEO、ステファノ・ドメニカリ氏によるスピーチとパーティーも行われる、という豪華なイベントだ。

DSC03035

▲今年の会場は東京プリンスホテル。東京タワーをバックにランボルギーニのヒストリックモデルが集合した

年に一度のランボルギーニ祭り、ランボルギーニ・デイ

今回、ボクはメディア関係者としてではなく、いち「ランボルギーニ・オーナー」としての参加である。
会場となる東京プリンスホテルに到着したのは午後5時頃であったが、駐車場にはところ狭しとコンクール・デレガンスに参加する車両が並んでいた。

そして日が暮れるころになると、パレードに参加していたランボルギーニたちが続々と会場に戻ってきて華を添え、大いに盛り上がる。

そんなランボルギーニ・デイだが、開催されたのは昨年(2016年)が第一回目だ。
2016年はランボルギーニ創業者であるフェルッチョ・ランボルギーニ生誕100周年にあたり、ランボルギーニのアイコンともいえる「ミウラ」が発表された50周年という記念すべき年でもあった。

DSC03032

▲こちらは会場に展示されていたミウラ。これが50年以上も前のデザインだとは思えない

それらを祝うために世界中で記念イベントが開催されたのだが、日本における祝賀イベントという位置づけが「ランボルギーニ・デイ2016」だった。

ランボルギーニと双璧をなすフェラーリは、年次イベントをオフィシャルにて開催している。しかし現在ランボルギーニにおいてはそういったイベントはこの「ランボルギーニ・デイ」だけだ。
スクーデリア・フェラーリから移籍してきたランボルギーニの新CEO、ステファノ・ドメニカリ氏(2016年3月にCEOへ就任)は、フェラーリファンがフェラーリに対して持つのと同様の情熱や忠誠心を、昨年のランボルギーニ・デイで感じたのは間違いないだろう。

その内容を昨年に比べ大幅に充実させただけはなく、日本のファンのために大きなサプライズまで用意していたのだから。

ランボルギーニ・デイ2017の様子を画像にてお届けしよう(室内展示編)

昨年の会場は東京は新宿にある「聖徳記念絵画館」だった。
今年の会場は「東京プリンスホテル」敷地内にある駐車場を利用したものだ。

今年つまり2017年における「節目」は、「日本へ、最初のランボルギーニである400GTが輸入されてから50周年」というものだ。
そのため、会場には今回はじめて公開された「50 JAPAN」のロゴがあちこちに見られる。

DSC03042

▲これが「50 JAPAN」のロゴだ

ここでその様子を見てみよう。

まず会場内は大きく2つに別れる。「屋外」と「屋内」だ。
屋外にはコンクール・デレガンス参加車両の展示スペース、そして都内パレードランに参加した車両の駐車スペースに分かれる。こちらはのちに画像にて状況をお知らせしたい。

まず、こちらは屋内展示だ。
簡易テントを張ってクローズ空間を作り出したものだが、この屋内展示は昨年に比べて大きく充実したものとなった。
日本市場に対して割り当てられた「たった一台」のチェンテナリオ・クーペの展示に始まり、ランボルギーニのレース部門「スクアドラ・コルセ」がリリースする最新のレーシングカー”ウラカン・スーパートロフェオEVO”、レストア部門「ポロストリコ」によってレストアされたミウラが公開され、数々のランボルギーニグッズを展開するコレツィオーネ・アウトモビリ・ランボルギーニの出店、つい最近パートナー契約を締結した腕時計メーカー「ロジェ・デュブイ」のブース出展など、ランボルギーニ密度の濃いスペースである。

ここからは順を追って画像でそれらの魅力を紹介したい。

DSC02902

▲これがランボルギーニではじめて「カラーカーボン」をボディパネルに採用したとされる”チェンテナリオ・クーペ”だ

DSC02776

▲ホイールにもカーボン製パーツが取り付けられている

DSC02786

▲アクセントはホワイトだ。クリアレッドとホワイトとの組み合わせによって「日本=日の丸カラー」を意識したということだ

DSC02894

▲こちらはランボルギーニによるパーソナリゼーション・プログラム「アドペルソナム」によってカスタムされたアヴェンタドールSロードスター

DSC02821

▲アドペルソナムのサンプルも展示。ボディカラーやストライプ、ホイールカラー、インテリアではレザーやアルカンタラ、ステッチ、シートベルトのカラーなど変更が可能となる

DSC02926

▲カーボン製のスーツケースもある。イタリアのTecknoMonster社とのコラボレーションによる製品で、スーツケース(小)は759,200円だ。大きい方のスーツケースの価格は恐ろしくて見ることができなかった
ランボルギーニ・デイ

 



DSC03029

▲レーシングドライバーのトレーニングに使用するシミュレーターも体験可能だ

DSC02916

▲ランボルギーニと新しくパートナーシップ契約を締結した腕時計メゾン、「ロジェ・デュブイ」の展示もあった

ランボルギーニ・デイ2017の様子を画像にてお届けしよう(室外展示編)

こちらはその優雅さ(エレガンス)を競う、コンクール・デレガンス(Concours d’Elegance)Tokyo 2017参加車両たち。
350GT、イスレロGT400、エスパーダ、ウラッコ、ジャルパ、そしてもちろんカウンタック、ミウラ、ディアブロまでが出揃った。

DSC02721

▲カウンタック。LP400、25thアニバーサリー、クワトロバルボーレなど各世代並ぶ

DSC02730

▲珍しいウラッコ・レーシング

DSC02708

▲ウルスの祖先、LM002

DSC02714

▲エスパーダ。4人乗りの珍しいモデルである。スペイン語で「剣」を意味するが、最近復活がウワサとなっている「エストーケ」もやはり「剣」という意味を持ち、関連性を感じさせる

DSC02742

▲ディアブロは最大勢力だった(次はカウンタック)。GTR、VT、SE、SVなどほぼすべてのモデルが集結したのでは、と思えるほどだ

ランボルギーニ・デイ2017の様子を画像にてお届けしよう(パレード車両編)

ここからはパレードに参加し、会場へと戻ってきた車両を紹介する。
ランボルギーニ・デイ開催当日、SNSなどで話題になった「ランボルギーニ軍団」の正体はこのパレードに参加した車両たちだ。
他府県ナンバーも多く、全国から集結していることがわかる。

DSC02951

▲マットカラーのアヴェンタドール。クーペやロードスター、SVまで各モデルが勢揃い

DSC02960

▲ガヤルド。今や少数派になってしまったが、ボクにとっては思い入れのあるモデルだ

これが日本限定、しかも生産は5台のみのアヴェンタドールSロードスター”50th アニバーサリーエディション”だ

ランボルギーニは今回のイベントにおいて、「サプライズ」を用意していた。
それがこの「アヴェンタドールSロードスター50th アニバーサリーエディション」。ボディに施されるグラデーションの仕上げには170時間を要するという。

DSC02976

▲これがその限定アヴェンタドールだ。ステファノ・ドメニカリCEOがアンヴェールし、美女が華を添えた
このアヴェンタドールSロードスター50th アニバーサリーエディションは5台限定だが、5台それぞれが異なる仕上げを持つ。

DSC03025

日本をイメージした「水」「風」「地」「火」「空」をテーマとしており、それに沿ったカラーが割り振られている。
デザインはランボルギーニのデザインセンター「チェントロ・スティーレ」、実際に車両をカスタムするのはアドペルソナムだ。

「ランボルギーニ・デイ」は、ランボルギーニ・ファンの熱気が感じられた素晴らしいイベントだった

DSC03001

▲メインのパーティー会場はブルーのライティングに彩られ、DJブースも設けられていた

昨年は「フェルッチョ・ランボルギーニ生誕100周年」、今年は「日本へのランボルギーニ輸入開始50周年」という名目があったが、来年はそういった節目は(おそらく)ない。
そのために来年のランボルギーニ・デイが開催されるのか現時点では知ることはできないが、年にいちどの「お祭り」としてぜひ開催そして定着して欲しい、とボクは切に願う。

そして、この日ほど「ランボルギーニのオーナーでよかった」と感じる機会もなく、もし来年も開催されるのであれば必ず参加するつもりだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ
-

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.