>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

更新日:

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。
こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。

ザ・ペニンシュラ香港とは

「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。
ラグジュアリーなことで知られ、権威ある専門誌からも「香港における最高のホテル」という評価が与えられている。

しかし、ボクらクルマ好きにとっては、そういった歴史よりも、「ザ・ペニンシュラ香港が保有している車両」のほうが有名かもしれない。
そう、ザ・ペニンシュラ特別仕様のロールスロイスである。

ザ・ペニンシュラ香港は長きにわたり、ロールスロイスをその宿泊客の送迎にと供してきた。
古くは1934年のロールスロイス・ファントムⅢ(なんと今も現役だ!)にはじまり、現在の布陣は14台のロールスロイス・ファントムEWB(エクステンデッド・ホイール・ベース)を中心とした二十数台のロールスロイスたちが担っている。
それらロールスロイスは、もちろんロールスロイス本社に特注し、専用に製造されたものだ。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、宿泊客の買い物用にと2台のミニクーパーSクラブマン(一定グレード以上の部屋でないと貸してくれないそうだ)、トヨタのミニバン(おそらくアルファードだと思う)も数台保有しているが、ザ・ペニンシュラが持っているすべての車両は通称「ペニンシュラ・グリーン」に塗られている。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

正式名称は「ブリュースターグリーン」と呼ばれるということだが、このカラーはペニンシュラ専用に調合され、いずれの自動車メーカーにとっても、ほかの顧客向け車両に対して用いることは許されないそうだ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、車、屋外

参考までに、同じ「ザ・ペニンシュラ」であっても、ロールスロイスを必ず用意しているわけではない。
経験上だが、ザ・ペニンシュラ上海はメルセデス・ベンツSクラス、ザ・ペニンシュラ・マニラはBMW 7シリーズを使用しており、その意味でもやはりロールスロイスを採用している「ザ・ペニンシュラ香港」は別格だと言える。

そんな格式高いザ・ペニンシュラ香港であるが、なぜか今回ボクはここに宿泊することになった。
そして、「あの」ロールスロイスに乗ることになったので、その様子をレポートしてみたいと思う。

香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが

イキナリだが、ボクは香港国際空港に到着した。
飛行機を降りると、すぐに航空会社の係員が二名、(ボクの名が記載されたカードを持って)待機している。
ボクが自分の名前を告げると、係員は電動カートを回してくれた。
こういったカートで、これに乗って入国審査場まで移動するらしい。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

いつもであれば飛行機を降りてから自分の足で通路を歩き、動く歩道に運ばれ、エスカレーターを降りて、さらにトラムに乗るという長い道のりを行かねばならない。
しかし今回は違う。こうやってボクは電動カートで楽々移動しているのだ。

ただ、よくよく考えるとここは空港の中であり、まだ香港へと入国はしていない。
なのに、こうやって早くもザ・ペニンシュラ香港の送迎サービスによる恩恵を受けているということを考えると、ザ・ペニンシュラの持つ力は相当に大きい、ということなのだろう。
空港内の移動サービスは航空会社に委託しているということはなるが、なんといっても飛行機から一歩出た瞬間から特別扱いである。

この後、ボクは無事に香港への入国を済ませるが、そこにはザ・ペニンシュラ香港のスタッフが待っていた。

ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ

ロールスロイス・ファントムEWBのボディサイズは全長6,090ミリ、全幅1,990ミリ、全高1,655ミリ。ホイールベースに至っては3,820ミリもある。
この「全高1,655ミリ」というのはなんとSUVであるレンジローバー・イヴォークよりも高い。
ボクの印象としては、「(メルセデス・ベンツやBMWなどの)セダンを、縦横高さそのままの比率を保って、120%くらいに拡大した」というものだ。すべてが大きい。

画像に含まれている可能性があるもの:木、屋外

ボクのスーツケースはポルシェとリモワとがコラボした特別製だ。
ポルシェ911やボクスター/ケイマンのフロントトランクにジャストフィットするように作られたもので、2005年にポルシェ911を購入したときからずっと使用している。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外

ルーフ内張りは「スターライト」オプションが装着されているが、昼間なのでわからない(そもそも昼は点灯させるものではないのだが)。
これは光ファイバーを使用し、天井が「満点の星空のごとく」幻想的にきらめくものだ。
オプション価格は70万円ほどだ、と聞いたことがある。

画像に含まれている可能性があるもの:車

とにかくロールスロイス・ファントムEWBの後席は快適だ。
最新型が発表された際に「完全に外界とは切り離された世界を実現した」とロールスロイス社からの発表があったが、ひとつ前の世代においてもその表現がぴったりだ、とボクは思う。
「魔法のじゅうたん」といわれる表現に嘘偽りはない。

画像に含まれている可能性があるもの:靴

ロールスロイスは現在BMWグループに属するが、正直言うとBMW 7シリーズとはまったく乗り心地は異なる。

写真の説明はありません。

両者にパーツ含めて共通性はないと言われるものの、BMWにもロールスロイスの(乗り心地に関する)ノウハウを多少なりともフィードバックさせれば、BMWはすぐにでも高級サルーンセグメントでトップの座を勝ち取れるだろう、と感じたほどだ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

数十分の乗車を経て、ザ・ペニンシュラ香港へ到着した。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、車、屋外

同時に何台ものロールスロイスが宿泊客を乗せてホテル前に到着したが、「小さなスーツケースひとつで」やってきたのはボクひとりのようで、改めて「場違いな自分」を感じた瞬間でもある。

香港にはスーパーカーも多い

香港は比較的、クルマに対する愛が深い地域だ。
ランボルギーニが本国以外で初めてその博物館を(期間限定であったけれど)開いたのは香港だったし、パガーニ・ゾンダ“チンクエ”はもともと香港のパガーニ・ディーラーの発注によるものだ。
最近だと破綻した(元ドイツの)グンペルトを買収し、「アポロ」としてよみがえらせたのも香港の投資家である。

新しいモノが好まれるため、魅力的な新型車が登場するとすぐに路上で見かけることも多い半面、飽きっぽいのか「製品に本質が伴っていないと」すぐに見限られてしまうのも香港市場におけるひとつの特徴だ。

そんな香港のクルマ事情であるが、画像にてその一部を紹介してみたい。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:車
画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->香港, ●その他ニュース・ネタなど

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.