>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>香港

香港・セントラル(中環)の風景を画像にて

2018/6/25

| 香港・セントラル(中環)はこんな感じ | さて、香港はセントラルの風景を画像にて。 セントラル(中環)は古い街並みと最新の街並みとが同居する地域ですが、「古い方」だとこんな感じで市場も多数。 地元の人が多く買い物に訪れているようです。 こちらもオススメ、関連投稿 香港へ行ってきた。セントラル(中環)にあるショッピングセンター「ランドマーク」、湾仔の様子 香港の(夜景で有名な)ビクトリアピークへ。トラムを使わずに徒歩で山頂まで登ってみる 「トランスフォーマー」ほか映画で有名な”あの”マンション群を見に鰂 ...

ReadMore

●その他ニュース・ネタなど

【連載17】カスタムを始めるということは、そのクルマから心が離れかけている証明なのかもしれない

投稿日:

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。
こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います元記事はこちら)

ボクはふと考えた。
クルマのカスタムを始めるということは、そのクルマへの愛情を失いつつあるからではないか。
そして、その失われてゆく愛情をクルマに悟られまいとして、
もしくは無理やり自分に「まだこのクルマに愛情を失っていない」と納得させるためにカスタムをするのではないか、ということだ。

カスタムには2パターンある

ボクの場合、「カスタム」には二種類あると思っている。
「予定していたカスタム」と、「予定外のカスタム」だ。

「予定していたカスタム」とは、たとえば購入前から思い描いていた構想を実行に移すことだ。
そのクルマを購入する前から、「納車されたらこうしよう」と考えているカスタムであり、 ホイールの交換や、ペイント・ローダウン・ラッピング・エアロパーツの取り付けなどによって、 事前に考えたイメージを実現するための行動を指す。

問題は「予定外のカスタム」だ。
これに手を付けることは、すなわちそのクルマから心が離れかけているのを
カスタムによって「つなぎとめようとしている」のではないか、とボクは考えている。
よって、今回ここでいう「カスタム」とは、「予定外のカスタム」だと捉えてほしい。

画像に含まれている可能性があるもの:車、空、屋外

予定外のカスタムには、いろいろなきっかけがあると考えられる。
パーツが消耗してしまい、交換するならいっそ純正ではなく社外品に、という場合がそうかもしれない。
不幸な事故によってパーツが破損し、やはり「じゃあ前から欲しかったあのパーツを」というケースもあるかもしれない。
もしくは、そのクルマを購入したときには存在しなかった選択肢が突如として登場(パーツとして発売)されていることだってあるだろう。

カスタムを行うのは、そのクルマに不足を感じるから?

ぼくが問題視しているのは、たとえばほかのクルマを見たり乗ったりして、それに触発されて始めるカスタムだ。

ほかのクルマに触発されるということは、自分のクルマよりも、そのクルマのほうが「いい」と感じた、とも言い換えられる。
自分のクルマより格好いいカスタムを施していたり、自分のクルマより高い性能を持っていたり。
つまり、自分のクルマには「欠けている」部分をそのクルマに見た、ということになる。
そして、それは同時に(完全無欠だと考えていた)自分のクルマに対して「不足を見出した」といってもいい。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

最初はそれを「不足」だとは感じないかもしれない。
だが、そのクルマに近づこうとすると、ある時点で悟ってしまうことになる。
「自分のクルマには不足がある」、と。

そして、自分のクルマに対するなんらかの「不足」を感じると、その気持ちが消えることはない。
その気持ちは日を増すごとに大きくなり、その「やり場のない気持ち」が人びとをカスタムに駆り立てるのではないだろうか。

たとえば、グレード詐称(下位グレードのモデルに上位グレードのエンブレムを装着することだ)や、
マイナーチェンジ前のクルマに乗っていて、マイナーチェンジ後のパーツを装着するのは、こういった気持ちの現れかもしれない。

本当は上位グレードが欲しかった。マイナーチェンジ後のモデルに乗り換えたいが、先立つものがない。
そういった衝動がボクらをカスタムへと突き動かすのかもしれない。

いったん不足を感じると、それは日々大きくなってゆく

つまり、予定外のカスタムを行うことで「買い替えたい」という気持ちを紛らわせ、
「これだけお金をかけたんだから、まだ乗ろう(乗らなければ)」と自分に言い聞かせているのかもしれない、ということだ。

写真の説明はありません。

そして、一度ボクらの心のなかに生じた「やり場のない気持ち」は、ちょっとやそっとパーツを交換したり取り付けた程度では 消えるものではない。

これはボクの経験談ではあるが、そうやって「無理に好きになろうとして」カスタムしたクルマは、
ほどなくして売ってしまうことが多い。すでに気持ちが離れてしまっているからだ。

加えて、そういった「カスタムに費やした費用」は、売却時にはあまり査定のプラスにはならない。

つまり、カスタムにかけたお金や時間はもう戻ってこないということだ。
そういった経験を何度もしてから、こう考えるようになった。(あまりボクは学習能力に長けていないようだ)

写真の説明はありません。

予定外のカスタムをしようと考えたとき、そのクルマに本当に乗り続けたいのかどうかを自問自答すること。
もし、買い替えたいのにそれを隠す理由付けとしてカスタムするのであれば、カスタムせずにクルマを売ったほうがいい。
なぜなら、気持ちが離れつつあるのに、そうではないフリをするのはクルマに対しても失礼だから。
自分よりも大切にしてくれる人へと引き渡せる準備をするのが、いままでボクらを乗せてくれたクルマに対する、せめてもの礼儀というものだ。

もうひとつ、あとでそういった思いをしなくてもいいように、最初から「本当に欲しいクルマ」を買うこと。
買うお金が無いときは、「代替」として別のクルマを選ばないことだ。
その結果は目に見えていて、やはりクルマに対する失礼に他ならないからだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他ニュース・ネタなど
-, , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.