>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

●その他ニュース・ネタなど

【連載20】乗ってゆくクルマで自動車ディーラーの対応は変わるのか。実体験をもとにした話とは?

投稿日:

今回は「(自動車の)ディーラーに乗ってゆくクルマで、そのディーラーの態度は変わるのか?」について考えてみたい。

結論から言うと「変わる」ということだが、ボクは「高いクルマに乗って行ったからといってVIP扱いされるわけではない」と考えている。

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。
こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。

乗ってゆくクルマに対するディーラーの反応は?

まずは乗ってゆくクルマでディーラーの態度は変わるのか、を考えてみよう。
これについては「変わる」としか答えようがない。

ディーラーのセールスとて人の子である。
その客の人となりを判断するのに、その持ち物やクルマでもってなんらかの判断をするのが普通だ。
むしろ、そういったものを通じて客を値踏みしていると考えてもいい。

ボクは自宅のガレージにランボルギーニ・ウラカンを収めているが、たとえばバイクで(顔見知りではない)ディーラーに行ったりすると、「そろそろ自動車の購入をお考えですか?」と言われたりする。
また別の日には、故あって20年落ちの軽自動車に乗って(やはり顔見知りではない)ディーラーに行ったりすると、「もう(古いので)このクルマを買い替えましょうよ」とセールスに言われたりもした。

つまり、人は「見たいようにしか物事を見ない」のだ。

では、高くてピカピカのクルマに乗ってゆけばいいのか?

ボクは比較的短いサイクルでクルマを買い替えるし、増車することもある。

だから、新車に乗ってディーラーに行くこともある。
そういった場合、そのクルマを見てディーラーのセールスが考えるのはこういったことかもしれない。

写真の説明はありません。

「このクルマはまだ新しいから、この人は今すぐにクルマを買い換えないだろう」、と。
つまりは見込み客ではなく、冷やかしだと思われるかもしれない。
ボクがその新車を1年以内に買い換える予定であることや、「増車」しようと考えてそのディーラーを訪問したことを、初めて会ったそのセールスは知ることができないからだ。

そして高価なクルマに乗ってディーラーを訪問したとしたらどうだろう?
乗って行ったクルマの価格帯と、そのディーラーで扱っているクルマの価格帯が大きくかけ離れている場合、そのディーラーは「このような高級なクルマに乗る人が、ウチのクルマを買うわけがない」と考えるかもしれない(いずれのケースも、実際にそう言われたことがある)。

つまりはここでも「見込み客から外れる」ことになり、客としては扱ってもらえないかもしれない、ということだ。

では、どうすれば良いのか?

こういった感じで、「事実とは異なる捉えられ方をされる場合」、そして「誤解」は往々にしてある。

そして、それはお互い初対面である以上、防ぎようはない。
なぜなら、ボクらはお互いを「見たまま」でしか判断ができないからだ。

だからボクは、初めてそのディーラーを訪問したとき、しっかりと目的を伝えるようにしている。
そのディーラーのどのクルマを購入対象として考えていて、買い替えなのか増車なのか、買い替えであればいつくらいの時期を考えているのか、はたまたどういった用途で使用するのか、など。

写真の説明はありません。

そうやってお互いの理解を深めることが重要で、それによってディーラーとのスムーズなコミュニケーションが取れると考えている。

なお、購入を考えていなくても、単にそのクルマに興味があるだけ、という場合もある。その際もボクは事実そのまま、「購入対象としては考えていないが、ただ興味があってそのクルマを見たかっただけなのだが、クルマを見せてもらえないだろうか」と伝えるようにしている。
たとえ買わないとしても、自社の商品に興味を持ってくれる客に対しては、ある程度の好意をもって接してくれる可能性が高いからだ。

参考までに、ボクの経験だと、高級なクルマを販売しているディーラーほど、人を見た目で判断しない傾向が強いようだ。
たとえその客が若く、免許取りたてに見えたとしても、その人が「進学や就職祝いで親にクルマをプレゼントしてもらう可能性がある」ことを実体験として理解しているし、たとえラフな格好をしている人でも、ポンとキャッシュで高額なクルマを購入する人がいるということを知っているからだろう(人は見かけによらない)。

そういった意味では、「乗ってゆくクルマでディーラーの対応は変わるが、誤解がある場合は、その誤解を解くべくコミュニケーションを取れば問題はない」とボクは考えている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●その他ニュース・ネタなど
-, ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.