>イタリア ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載23】1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記

2019/5/24

もくじ1 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた1.1 チケットの入手、交通手段について2 まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて2.1 フェラーリ本社、そしてムゼオ・エンツォ・フェラーリへ2.2 ムゼオ・エンツォ・フェラーリの様子を画像にて2.3 フェラーリ・ファンの情熱には驚かされる2.4 こちらもオススメ、関連投稿 イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載18】フェラーリのファンはこうやって作られる。ファンでなくともファンになる「フェラーリ・ワールド・アブダビ」へ行ってきた

2019/3/22

もくじ1 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている1.1 移動手段にはタクシーを選んでみた1.2 フェラーリ・ワールド・アビダビへ到着する1.3 フェラーリ・ワールド・アブダビのアトラクションにはこんなものがある1.4 アトラクション以外にも見どころはたくさんある1.5 レストランも見逃せない1.6 フェラーリ・ワールド・アブダビはフェラーリファンでなくとも楽しめる1.7 こちらもオススメ、関連投稿 フェラーリは「ファンの作り方」を心得ている フェラーリ・ワールド・アブダビへ行ってきた。“フェラーリ・ワ ...

ReadMore

>アウディTT関連

【連載12】なぜTTなのか?ボクがアウディTTを買った5つの理由とは

2019/1/21

もくじ1 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った1.1 その1:TTはアウディの異端児だ1.2 その2:TTは新世代のポルシェとなる可能性があった1.3 その3:TTの維持費は比較的安価だ1.4 その4:TTはどこへ乗って行っても気後れすることはない1.5 その5:TTの走行性能は高いレベルにある1.6 こちらもオススメ、関連投稿 アウディTT 2.0 TFSI quattroを買った 「8S」いうコードネームを持つ、三代目にあたる現行モデルだ。ボクは以前にも二代目TT(こちらは8Jという ...

ReadMore

>香港 ●その他ニュース・ネタなど

【連載11】ザ・ペニンシュラ香港にて、ロールスロイス・ファントムEWBをチャーターしてみた。香港の自動車事情とは?

2019/1/21

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ1 ザ・ペニンシュラ香港とは1.1 香港国際空港に到着すると、さっそく出迎えが1.2 ザ・ペニンシュラ香港のロールスロイス・ファントムはこんな感じだ1.3 香港にはスーパーカーも多い1.4 こちらもオススメ、関連投稿 ザ・ペニンシュラ香港とは 「ザ・ペニンシュラ香港」は、1928年に香港にて開業したホテルである。ラグジュアリーなことで知ら ...

ReadMore

>ポルシェ関連・ニュース・ネタ >ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車) ●その他自動車関係(欧州車) ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載8】フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった!

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 フェラーリだけで100台以上!?ドバイのスーパーカーディーラーは、スーパーカーフリークにとって楽園だった! 1.1 ドバイのスーパーカーディーラーを訪問してみよう 1.2 ドバイのメトロに乗ってみよう 1.3 二軒目のスーパーカーディーラー、「PRINCESS AUTO」を紹介する 1.4 三軒目のスーパーカーディーラー、「EXO ...

ReadMore

>中国

中国・上海の様子を画像にて。発展の裏には”取り残された”部分がある

2018/11/3

| 中国・上海の様子を画像にて | さて、少し前に訪問してきた上海。 その様子を画像にてお届けしたいと思いますが、今回宿泊したのは人民広場前のホテル、「金門大酒店」。 上海最初の高層建築でもあり、当時高名なイタリアの建築家によって設計されたというホテルでもあります。 現在では老朽化が進んでいて他のホテルに対する優位性が失われており、「価格」「立地」程度しか特徴がなくなってしまっていますが、その「昔っぽい」雰囲気もなかなかだとぼくは考えています。 中国・上海で泊まったホテルはここ。上海最初の高層建築、192 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウラカン

【連載4】スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る

2018/12/20

もくじ 1 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る 1.1 ポルシェの維持費はどれくらいだろう 1.2 こちらもオススメ、関連投稿 スーパーカーに乗るにはどれくらいの維持費が掛かるのか?8年で2台のランボルギーニに支払った費用と生活を振り返る ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 今回は、スーパーカーの維持費 ...

ReadMore

>イタリア >他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ

【連載3】イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 イタリアのランボルギーニ本社に併設されたミュージアム&工場見学ツアーは、オーナーでなくともぜひ訪れてみたい 1.1 そもそもランボルギーニ・ミュージアムとは? 1.2 ランボルギーニ・ミュージアムはどうやって訪問するのか? 1.3 いざボローニャへ 1.4 ランボルギーニ本社へ到着。足を踏み入れる 1.5 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>ドバイ/アブダビ ●その他自動車関係(日本車)

【連載2】地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜ける!ドバイの「サファリツアー」へ行ってきた 1.1 そもそもドバイとは、どういったところなのか? 1.2 「サファリツアー」とは? 1.3 いざ、砂漠へ 1.4 実際に砂漠を走行してみる 1.5 こちらもオススメ、関連投稿 地平線まで続く砂漠をトヨタ ランドクルーザーで駆け抜け ...

ReadMore

>BMW i3

【連載1】さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた

2018/12/20

ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。 まずは連載一回目の記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)。 もくじ 1 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 1.1 そもそもBMW i3とはどういった車なのか 1.2 では、その結果はどうだったのか? 1.3 こちらもオススメ、関連投稿 さよならBMW i3。売却後、あらためてこのクルマがつくられた意図を考えてみた 皆さんはじめまして。 今回からカレントライフにて連載を ...

ReadMore

>他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ ●自動車関連ニュース・ネタなど

【連載24】総額5300万円オーバー!ランボルギーニ・アヴェンタドールの見積もりを取ってみた

投稿日:

| やっぱりアヴェンタドールは”スーパー”だった |


ぼくは「CL」さんにて記事を連載させてもらっていますが、その記事を転載したのがこちら。
こちらのブログでも改めて、連載記事を紹介したいと思います(元記事はこちら)

ボクは何を思ったか、ランボルギーニ・アヴェンタドールSを購入しようと考えた。
その経緯や理由は別の機会に述べたいと思うが、ここではその見積もりの内容やオプションの価格について紹介したいと思う。

アヴェンタドールの車両本体価格は4490万円

まず、ランボルギーニ・アヴェンタドールSの価格だ。
これは車両本体価格「44,904,433円」である。
要はマンション(地方なら一軒家)相当の価格ということだが、ボクはマンションや家よりは「値下がりが小さい」アヴェンタドールSのほうが断然お得だと考えている。

ここでざっとランボルギーニ・アヴェンタドールを購入すると、どれくらいの費用が要求されるのかを見てみよう。
購入する時期やディーラーによっても諸経費には変動が出るため、下に記す額はあくまでも参考程度にとどめていただけると幸いである。
輸入車はそのオプション価格や車両本体価格について、頻繁に改定があることも、この機会に頭に入れておいてほしい。

45

まずは税金関係だ。自賠責など「必要」な費用もここに含む。

・車両本体価格:44,904,433円
・自動車税:111,000円
・自動車取得税:1,247,300円
・自動車重量税:49,200円
・自賠責保険料:36,780円

次は購入時にディーラーに対して支払う費用だ。手数料や納車のための整備費用などが含まれる。

・車庫証明:2,700円
・検査登録費用:2,680円
・希望ナンバー:5,400円
・リサイクル預託金合計:18,330円
・リサイクル資金管理料:380円
・車庫証明:19,440円
・検査登録費用:32,400円
・納車費用:54,000円

ここからはメーカーオプションだ。ひとまずは「あったほうがいい」ものを選んでいるが、最終的にはここから要・不要を判断し、購入価格を調整することになる。

まずは注文時にしか選べない、「メーカーオプション」から見てみよう。ボディカラーもここに含むが、アヴェンタドールSのイメージカラーである「イエロー(ジアッロ・オリオン)はかなり高額だ。

31

・ジアッロ・オリオン(パールペイント):477,468円
・鍛造センターロックホイール:600,156円
・ホイールキャップカバー(カーボン):81,864円
・イエローブレーキキャリパー:145,044円
・エクステリア・カーボンファイバー・パッケージ:1,869,264円
・パークアシスタンス:518,400円
・透明エンジンボンネット:864,000円
・Tシェイプ・エンジンカバー・カーボンファイバー:259,200円
・Xフレーム・カーボンファイバー:532,656円
・エクステリア・ヴィジブル・カーボンファイバー:654,804円
・インテリア・アルカンタラ:341,064円
・エレクトリックシート/シートヒーター:442,800円
・インテリア・カーボンファイバー・パッケージ:768,528円
・インテリア・ハイグロスブラック:108,756円
・マルチファンクションステアリング:164,700円

ここからは日本に到着し、ディーラーに取り付けや施工をお願いするオプションだ。
「バッテリーメンテナンスキット」は見慣れないものだが、頻繁に乗るわけではないスーパーカーはバッテリーも放電しがちだ。
このキットは家庭用コンセントに接続し、クルマのバッテリーを充電しつつも最適な状態に保つ製品ということになる。

・ガラスコーティング(ホイール含む):172,800円
・レーダー探知機:102,600円
・バッテリーメンテナンスキット:102,600円

そしてこれらを合計するといくらになるのか?
その合計額とは驚愕の「53,176,261円」である。
しかしボクは上で述べた通り、ランボルギーニ・アヴェンタドールSの資産価値は非常に高いと考えており、この金額を出せるのであれば「高い買い物ではなく」、家やマンションを購入するよりはよほどワリのいい買い物だ、と考えている。

8

ランボルギーニ・アヴェンタドールSのオプションにはどんなものがあるのか

せっかくなので、ここでアヴェンタドールSのオプションには他にどんなものがあるのか、そしてその金額はいくらくらいなのか?を見てみよう。

まずはボディカラーだが、アヴェンタドールSの場合、ブラックとソリッドのイエローのみ「0円」だ。
その他のボディカラーは全て有料であり、ソリッドホワイトであっても199,800円が必要だ。
メタリックだと280,368円、パールだと477,468円、ちょっとラメっぽい「グリッターカラー」は518,400円という設定となっている。

次いで外装のオプションだが、フロントバンパー内部の黒いパーツや、エアインテーク各部をカーボンにしようとすると、1,869,264円が必要だ。
それでもまだカーボン化の余地が残されており、追加で他の部分をカーボン化すると、追加で654,804円を支払わなくてはならない。

そしてオフィシャルフォトでよく見るカーボン製のエンジンカバーであるが、これも実は436,644円のオプションだ。
同じく「X状の」カーボン製補強パーツも259,200円、透明のエンジンフードも864,000円のオプションだ。

DSC09888 2

続いて、タイヤとホイールのオプションを見てみよう。
もともとアヴェンタドールSのホイールサイズはフロント20インチ、リア21インチである(しかも鍛造)。
インチアップは用意されていないので、デザインやカラー、センターロックの有無が選択肢として用意されていることになる。

たとえば標準ホイールをブラックに塗ると178,632円だが、これは18インチくらいのホイールを日本国内でペイントする価格と変わらない(むしろ安い)設定だ。
これがセンターロックになると422,825円~654,804円となる。
なお、カーボン製のセンターキャップは81,864円だ。

ブレーキシステムについては標準で「カーボンセラミック」が与えられている。
よって機能的なアップグレードは必要がなく、ブレーキキャリパーのカラーを選択するのみだ。
標準だとブレーキキャリパーは「シルバー」だが、これをイエローやレッドにペイントすると145,044円が必要となる。
参考までに、マツダCX-8のブレーキキャリパーをディーラーオプションにてレッドにペイントした場合の価格は15,444円だから、アヴェンタドールSはこの「10倍」ということになる。

31

インテリアのオプションについても基本的に選択肢は多くない。
ブレーキやホイール同様、もとから優れたシートや素材が使用されていて、それらをアップグレードする必要がないからだ。
よって標準でも「フルレザー内装」であるが、これをアルカンターラに変更すると95,580円の追加費用が必要だ。
ステッチカラーも変えることが可能であり、この費用は97,416円。
その他、インテリアをスポーティーなカラーリングに変更すると、324,000円を支払わなくてはならない。

あとは細かいところだが、
・高級オーディオ:442,800円
・パークアシスト:518,400円
・電動調整シート+シートヒーター:442,800円
などがある。

これらの見積もりはお世話になっているランボルギーニ ディーラー(ランボルギーニ大阪)で算出していただいた。
末筆になったが、ここに感謝の意を表したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->他ランボルギーニ関連・ニュース・ネタ, ●自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , ,

Copyright© BLOG : no more ready-made , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.